exhibition 005

BLOOM

グループ展

BLOOM

8月8日(土)12:00より、今企画展作品の一部をwebshopにて販売します。

4名の女性陶芸家によるグループ展「BLOOM(咲く)」。器を中心とした個性溢れる作品が水犀に揃いました。

内側から押された力で、今にもはち切れそうなまあるい形に惹かれます。それは、長い経過を経て養分をたっぷり蓄えた静謐な蕾のようです。
厚川文子

インド更紗の様に、地が花や鳥獣で埋め尽くされ、命が充ち満ちた感じに憧れます。私から出るモノはまた違って見えると思いますが、そんな気持ちで描いています。
川上真子

花のつぼみのやわらかいふくらみや花びらの重なりが好きで、そこからイメージをして花器や一輪挿しを作っています。今回は少しだけ咲いたカタチ、あじさいをイメージしている豆皿やお花のように見えるいつも使って頂けるお皿を作りました。
松平彩子

四季の移ろいに敏感でありたい。日常の中で出会った美しいことや心が揺れたことを、自分自身のフィルターを通して大切にカタチにする。ものづくりをはじめた頃からずっとある想いです。-Bloom-初夏の空気に想いを寄せて。
矢嶋操


作家プロフィール profile 〉

Some of the works in this exhibition will be on sale at the webshop from 12:00 on Saturday, August 8.

The group exhibition “BLOOM” by four female ceramists.We have a collection of unique dishes at mizusai.

I’m drawn to the wobbly shape that looks like it’s about to tear off with the force pushed from within. It is like a tranquil bud that has accumulated a lot of nutrients after a long period of time.
ATSUKAWA Fumiko

I long for the feeling that the ground is filled with flowers, birds and animals, like Indian chintz, and that it is full of life. The things that come out of me may look different, but that is how I feel when I draw them.
KAWAKAMI Mako

I like the soft swelling of the flower buds and the overlapping of the petals, and I make vases and single-flower vases based on this image. This time, I made bean dishes that look like hydrangeas and flowery dishes that can be used all the time.
MATSUDAIRA Ayako

I want to be sensitive to the changing of the seasons. I want to take the beautiful things I encounter in my daily life and the things that move me and form them into something precious through my own filter. This is an idea that has been with me since I started making things. -Bloom: My thoughts are drawn to the air of early summer.
YAJIMA Misao


厚川文子作品

川上真子作品

松平彩子作品

矢島操作品

BLOOM展示風景

BLOOM展示風景

BLOOM 厚川文子 lineup»

只今、Webで販売中の商品がございません。

BLOOM 川上真子 lineup»

只今、Webで販売中の商品がございません。

BLOOM 松平彩子 lineup»

只今、Webで販売中の商品がございません。

BLOOM 矢島操 lineup»

只今、Webで販売中の商品がございません。

profile

厚川文子 (岐阜)
1975年 埼玉県生まれ
1997年 和光大学人文学部芸術学科卒
2004年 多治見市陶磁器意匠研究所修了
2020年 現在岐阜県多治見市にて制作

川上真子 (石川)
神奈川県出身
2012年 石川県立九谷焼技術研修所 卒業 同年、山本長左氏に師事
2016年 独立。染付を中心とした絵付磁器を製作。

松平彩子 (大阪)
1981年 大阪生まれ
2004年 京都造形芸術大学 陶芸コース卒業
2006年 同大学院卒業
大阪にて制作

矢島操 (滋賀)
京都に生まれる
京都精華大学造形学科美術科陶芸卒業
現在大津市比叡平にて制作


ATSUKAWA Fumiko (Gifu)
Born in 1975 in Saitama Prefecture
1997 Graduated from Wako University, Faculty of Humanities, Department of Art
2004 Completed Tajimi City Pottery Design Institute
2020 Currently working in Tajimi City, Gifu Prefecture

KAWAKAMI Mako (Ishikawa) From Kanagawa
2012 Graduated from Ishikawa Kutani Ceramic Art Institute Studied under Choza Yamamoto in the same year.
2016 Independent. Produces painted porcelain with a focus on dyeing.

MATSUDAIRA Ayako (Osaka)
1981 Born in Osaka, Japan
2004 Graduated from Kyoto University of Art and Design, Ceramics Course
Graduated from the same graduate school in 2006
Produced in Osaka

YAJIMA Misao (Shiga)
Born in Kyoto
Graduated from Kyoto Seika University, Department of Fine Arts
Currently working in Hieidaira, Otsu City