exhibition 043

田中 彰 「岩礁」

TANAKA Sho “Rocks and Reefs”

田中 彰

田中 彰 個展 「岩礁」
2022.6.11 sat – 6.19 sun
6月12日(日)18:00より、今企画展作品の一部を販売します。


茨城県の那珂湊を拠点に国内外をフィールドワークしながら木版画を制作している田中彰さん。今展では平磯の海岸の白亜紀の地層や、引潮によって取り残された生物などが、田中さんの解釈により美しい版画となって水犀に並びます。

そして、地層自体が日々動いていて固定されていないというところから、毎日水犀で版を彫り刷り上げた作品を新しい地層として展示していきます。毎日増える版画により、水犀の壁が大きなひとつの地層となって完成します。
生物や月の満ち欠けなどを絡め、どのような地層が生まれてくるのか楽しみです。制作過程をぜひ直近でご覧ください。


引き潮、生命の痕跡、犬型の海藻、海と陸を行き来する新たな地層
田中 彰


作家プロフィール profile 〉

TANAKA Sho Solo Exhibition “Rocks and Reefs”
2022.6.11 sat – 6.19 sun
Works will be on sale on the web from June 12, 18:00.


Based in Nakaminato, Ibaraki Prefecture, TANAKA Sho creates woodblock prints while conducting fieldwork in Japan and abroad. In this exhibition, Tanaka’s interpretations of the Cretaceous period strata on the coast of Hiraiso and creatures left behind by the receding tide will be displayed in Mizusai as beautiful woodblock prints.

In addition, since the stratum itself is moving day by day and is not fixed, the works that are engraved and printed at the mizusai will be displayed as new strata every day. The wall of the water rhinoceros will be completed as one large stratum by the daily increase in the number of prints. We are looking forward to seeing what kind of strata will be created in relation to living creatures and the phases of the moon. Please take a look at the production process most recently.


ebb tide, traces of life, dog-shaped seaweed, and new geological formations that move between sea and land
TANAKA Sho

田中 彰

田中 彰

田中 彰

田中 彰

田中 彰

田中 彰

田中 彰

田中 彰

TANAKA Sho lineup»

profile

1988年 岐阜県出身
2013年 武蔵野美術大学版画専攻卒業
2015年 武蔵野美術大学大学院版画コース修了

2016 「樹について」三菱一号館美術館歴史資料室・東京
2017 「project N67田中彰個展」東京オペラシティアートギャラリー4Fコリドール・東京
2017 「アーティストインミュージアム2017AiM」岐阜県美術館実習棟・岐阜
2017 「無機が有機になるとき」WATERMARK arts & crafts・東京
2018 「旅する木」YUKI-SIS・東京
2018 「田中彰 作品展」ギャラリーアートグラフ・名古屋
2018 「Reservoir Kopi」NADiff Window Gallery・東京
2019 「町田芹ヶ谷えごのき縁起」町田市立国際版画美術館・東京
2020 「Hovering wind 透明な翅」WATERMARK arts & crafts・東京
2021 「WOODCUT LURES」DIGINNER」 GALLERY・東京
2022 「恵比寿湖」 NADiff Gallery 東京 





1988 Born in Gifu Prefecture
2013 Graduated from Musashino Art University, Department of Printmaking
2015 Completed Graduate School of Printmaking, Musashino Art University

2016 “About Trees” Mitsubishi Ichigokan Museum, Tokyo, Japan
2017 “project N67 Akira Tanaka Solo Exhibition” Corridor, Tokyo Opera City Art Gallery 4F, Tokyo, Japan
2017 “Artist in Museum 2017AiM”, The Museum of Fine Arts, Gifu, Gifu, Japan
2017 “When Inorganic Becomes Organic,” WATERMARK arts & crafts, Tokyo, Japan
2018 “Traveling Tree” YUKI-SIS, Tokyo, Japan
2018 “Akira Tanaka Exhibition,” Gallery Art Graph, Nagoya, Japan
2018 “Reservoir Kopi,” NADiff Window Gallery, Tokyo
2019 “Machida Serigaya Egonoki Engi” Machida City Museum of Graphic Arts, Tokyo
2020 “Hovering wind Invisible Wings” WATERMARK arts & crafts, Tokyo, Japan
2021 “WOODCUT LURES” DIGINNER, GALLERY, Tokyo
2022 “Ebisu Lake” NADiff Gallery, Tokyo, Japan