exhibition 017

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

Haiiro Ookami & Nishibeppu sho-ten

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店|輪 circle
2021.3.27 sat 〜 4.4 sun


今回で3回目の展示となる、はいいろオオカミ+花屋西別府商店。
佐藤さんが集めたゴロジェッツ地方の板絵や花器としても使えるミルク壺などのロシアの古道具、西別府さんが作る「輪」をテーマにした植物の作品などが、水犀の空間に並びました。
二人だからこそ作れる「輪 circle」をご覧ください。

ーーーーーーーーーー
「輪 circle」 はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

植物と向き合って制作をしていると、自然と成る形のひとつ。
今回の展示を思ったときに、自分から出てきたものも、また「輪」でした。

花屋 西別府商店 西別府 久幸

昨年の3月よりロシアに渡っての仕入れが出来ないでいます。
こんな状況になる以前はロシアでの仕入も、やや食傷気味で、もういっそロシアではない国で仕入れをしてみようかと考えたりもしていたのですが、身近にロシアの古道具がなくなってみると、やはり自分はロシアという国のものが好きなのだと気付かされました。

どこがそんなに良いのかと聞かれると、一言で表すのは難しいですが、材料に対する向き合い方や仕上のゆるさ、さらには人間としてのおおらかさが、作られた物にダイレクトに反映する様、日本の精密な物作りと逆行しているところに私は惹かれるのだと思います。
(イコンや宗教美術、古美術的な価値を既に獲得しているものはもちろん別のお話です。)
この感覚は私たちが物(作品)を作る上でも、私が内装の設計をする上でも大きな意味を与えています。
決まりのある様式に則ったもの、背伸びをした若年寄りなもの、上辺を取り繕ったものをこの世に残すよりは、もっとパーソナルな「作りたい」「こんなものがあれば良いな」その気持ちをまずは優先して形にするようにしています。

現在はロシアで直接会って買い付けをしていたバイヤーとはメールでやりとりをして仕入れをしたり、新たに知り合った別の町のバイヤーとも繋がり、なんとかロシアの古道具の仕入れを続けています。
自身の眼で目視して選べない今の状況だからこそ、ロシアの古道具のおおらかさを、より感じられるものが仕入れられました。

西別府が作る植物の作品と、ロシアの古道具
鎖の様に繋がる二つの「輪」をご覧いただけましたら幸いです。

はいいろオオカミ 佐藤 克耶

作家在廊日:3月27,28,4月4日
最終の4月4日(日)は17:00までの営業となります。


作家プロフィール profile 〉


Antiques Haiiro Ookami & Flowers Nishibeppu sho-ten exhibition “輪 circle”
2021.3.27 sat 〜 4.4 sun


This is the third exhibition of the Antiques Haiiro Ookami & Flowers Nishibeppu sho-ten. Ms. Sato’s collection of old Russian tools, such as paintings on boards from the Gorochets region and milk jars that can be used as flower vases, and Mr. Nishibeppu’s plant works based on the theme of “circle” were displayed in the mizusai space. Please take a look at the “輪 Circle ” that can only be created by two people.
ーーーーーーーーーー
“輪 circle” Haiiro Ookami & Nishibeppu sho-ten exhibition

Circle is one of the forms that emerge naturally when I work with plants.
When I thought about this exhibit, what came out of me was also a “circle”.

Flowers “Nishibeppu sho-ten” Hisayuki Nishibeppu

Since March of last year, I have not been able to stock up in Russia.
Before this situation, I thought I had grown a little tired of Russian antiques, and even considered starting anew with another country.
But with their absence, I realized how fond I am of them.

When asked what is so good, it’s hard to say in one word.
I think the charm lies in the nature of Russian antiques, which is the opposite of elaborate Japanese craftsmanship.
Russian antiques seem to be created with a comparatively relaxed attitude that reflect the craftsman’s big-hearted nature.
(Of course, this does not apply to the field of icons, religious art, or anything with established antiquarian value.)

This feeling greatly influences how we create our pieces and how I approach interior design; it encourages us to value our personal desires to imagine and create over mere facades and formalities.
Currently, I acquire antiques through e-mail exchanges with buyers. I can’t go to Russia and choose with my own eyes.
This has allowed in more folksy boldness and actually enhanced the charm of our selection in this exhibit.

We hope you will enjoy Nishibeppu’s botanical works and my Russian antiques: two “circles” linked like a chain.

Antiques “Haiiro Ookami” Katsuya Sato

The artist will be in the gallery on March 27, 28 and April 4.
The gallery will be open until 5:00 p.m. on Sunday, April 4, the last day of the exhibition.

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店栄

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店

Haiiro Ookami & Nishibeppu sho-ten line up »

profile

佐藤克耶(さとう・かつや)
古道具 はいいろオオカミ 店主
店名はロシアの民話『イワン王子とはいいろおおかみ』から。
ロシアや日本の生活に根差した古道具を買い付けるほか、住宅やインテリアの設計も行う。

西別府久幸(にしべっぷ・ひさゆき)
花屋 西別府商店 店主
「はいいろオオカミ」での展示を機に佐藤と空間を共有。
木の根やキノコ、古木などを使い独自の世界観を表現するほか、活け込みや空間ディスプレイなども手がける。


Katsuya Sato
Owner of the antique Haiiro Ookami.
The name of the store comes from the Russian folktale “Prince Ivan and the White Wolf”.
In addition to buying old tools rooted in Russian and Japanese life, he also designs houses and interiors.

Hisayuki Nishibeppu
Owner of flowers Nishibeppu sho-ten
Hisayuki Nishibeppu shares the same space with Sato after his exhibition at “antique Haiiro Ookami. He uses tree roots, mushrooms, and old trees to express his own unique worldview, and is also involved in flower arranging and spatial displays.